スクールで学べば将来が広がる

FP技能検定でお金のことについて知ろう

ファイナンシャル・プランニング技能検定(以下FP技能検定)は、年金・保険・税金・金融資産など、お金に関する知識を問われる検定です。

金融機関に勤める人が多く取得しているイメージのある資格ですが、自営業、サラリーマンや主婦など、あらゆる人にとって役立つ知識を身につけることができる、大変お得な資格です。

例えばサラリーマンの方でしたら、今まで何となく見ていた源泉徴収票の正しい読み方が分かり、自分がどのくらい税金を支払っているのかを正確に知ることができます。 また、定年後にもらえる年金の仕組みについても学べます。

家計を預かる主婦の場合、保険の仕組みや金融資産運用を知っておくことで、家族にかけている保険が妥当なものなのか、大事な預貯金をどう増やしていくかなどを学べます。 一般的に実務レベルで活用する場合、FP技能検定2級以上の取得が必要です。 それ以外の方は3級取得が目安となります。

まずは3級を目標に取得し、仕事に生かせそうだと思ったら是非2級以上に挑戦してみて下さい。