スクールで学べば将来が広がる

運行管理者の資格について

私は運送会社に勤めています。元々は東京から関西方面を定期的に運行する運転手をしておりました。2~3年走った頃だったと思います。無事故無違反と人間性を認められて管理者へのステップアップを上司より勧められ私は管理者の道を選びました。

運送会社の管理者になるためには絶対条件の運行管理者の国家資格をまずは取得するように上司から指示がありました。運行管理者資格試験は年に2回実施されます。そしてなんと合格率はとても低く狭き門でした。私は上司から資格取得の為の勉強は実践で覚えた方が早いと教えてもらい、先輩運行管理者にずっとくっついて勉強しておりました。

そして試験1ヶ月前位から試験勉強を開始して実務以外の道路交通法、車両法を中心に勉強を重ねて試験に望み見事狭き門を合格することが出来ました。現在はこの資格を活かして毎日、運転手の点呼を実施しております。運転手も大袈裟に言うと命を懸けて毎日走っています。

そんな運転手の点呼を行うのですからやりがいはありますし、責任感が強い人でなければ務まらないと思います。